愛媛の建築デザイナーに相談してみる 愛媛の建築デザイナーに相談してみる トップへ

インナーテラスを包み込む シンプル&モダンな家

株式会社 アクティブ・アート
湯浅泰明

  • ファジーに共存するウチとソトの関係

    周辺に家々が建ち並び、ソトの空気感を邸内に取り込むことが難しい立地条件。これに対して、湯浅さんが導き出したのは、光を呼び込むインナーテラスを包み込むように、玄関ホールやLDKなどをコの字型にレイアウトした間取り。開放感を各空間で共有することで、ウチとソトを馴染ませています。インナーテラスには、リビングの大窓から直接出ることもできます。

    正面に大きなピクチャーウィンドウがある玄関ホールは、家族や来客の視線をインナーテラスへと導きます。玄関から2階へと続くブラックの階段は、軽やかな中持ちのデザインとし、左手にある洗面所&トイレは来客も使いやすいようオープン形式としました。リビングやダイニングキッチンは玄関からは死角となり、家族の穏やかな時間を守っています。

  • 多様な過ごし方を叶えるリビングルーム

    2階居室との関係から、ダイニングキッチンの天井高は抑えて、その分、リビングの一部は半吹き抜けの高さを確保。インナーテラス側の大窓と反対側の高窓、そしてシックな色合いの梁を見せた高い天井、その相乗効果により、リビングは光に満ちた心地よい空間となっています。またテレビを設置した壁の奥には、隠れ家のような書斎があり、ホームワークも快適にこなすことができます。

    共に仕事を持つ施主夫妻。ストレスなく家事がこなせるようにキッチンにもさまざまな工夫が。背面収納は扉付きとし、パントリーも充分な収納力を誇っているため、見せたくないものをすっきりと隠すことができます。スタイリッシュなキッチンからもインナーテラスを眺めることができ、気分をアゲながら家事を楽しめます。

    個性的なカラーやデザインを上品かつスタイリッシュにまとめた※ファサード。コンパクトでありながら、植栽やパーキングスペースも巧みに確保。

    階段の吹き抜け部分やインナーテラスからの採光により、ドラマティックな空間へと仕上げた玄関ホールは、ミュージアムのような雰囲気。

    インナーテラスの開放感を日々、満喫することができるリビング。半吹き抜け天井もゆとりを生み出す仕掛けとなっています。

    素材感の異なる立ち上がりの壁を排することで、よりスタイリッシュに。壁の裏側は隠れ家的な書斎スペース。おこもり感があり、デスクワークも快適です。

    白を基調にしながらもブラックカラーが程よく引き締めてくれるキッチン。背面収納は扉付きとしているため、すっきりとした印象を与えます。

    施主は収納上手。背面収納の扉を開けば、そこには食器や食材などが居心地よく収まっています。

    収納の棚は高さを変えることが可能。市販のボックスなどを巧みに使うことで、モノの出し入れもストレスなくできます。

    玄関ホールから眺めるリビング。整えられた空間の魅力を感じられるアングル。

    2階通路にはオープンスタイルの手洗い。ちょっとしたときに、1階まで降りなくても手洗いや洗面が可能。

    低い天井がかえって隠れ家的な魅力をもつロフト。季節品の収納にも活用できるスペースです。

    主寝室の入り口にはハンガーラックを設けました。脱いだ上着はここにかけて、除菌や消臭をするための工夫。

    玄関ホールから直結したメインの洗面。来客も使いやすく、扉を閉めればランドリーやバスルームは見えないようになっています。

Designer

株式会社 アクティブ・アート
湯浅泰明Yasuaki Yuasa
伊予郡松前町出身。留学先のニューヨークでインテリアを学び、帰国後日本の建築を改めて学び直す。その後、アクティブ・アートに入社。二級建築士、インテリアコーディネーター。
■ 趣味/靴磨き、旅行 ■ 好きな本/コミックス、旅本 ■ 休日の過ごし方/体を動かすこと ■ 特技/革の手入れ ■ 好きな建築家/ルイス・バラガン、西久保 毅人

株式会社 アクティブ・アートのおすすめ記事

スタイリッシュ&シャビー。2つのテイストをMIXした個性的な家02
【愛媛県/宇和島市】

24 Aug 2022 #Room Tour
株式会社 アクティブ・アート

スタイリッシュ&シャビー。2つのテイストをMIXした個性的な家01【愛媛県/宇和島市】

19 Jul 2022 #Room Tour
株式会社 アクティブ・アート

デザイン、ステキ動線など すべての願いを叶えたグレイッシュブルーの家

12 Jan 2022 #Room Tour
株式会社 アクティブ・アート