家族、愛用品、暮らしをふんわりと包み込んだ平屋

イシマルデザイン 一級建築士事務所
岸 絹子

  • 計算されたゾーニングに
    生活者の感性をちりばめて

    玄関を入ると、正面にはピクチャーウィンドウ。右手にプライベートゾーン、左手にワークスペースを棲み分けさせたのびやかな平屋は、自然素材とアースカラーが織りなすやさしい居心地に包まれている。プライベートゾーンはリビングとダイニングキッチンを連続させながら、2つの空間は床の素材やレベルを変えて、それぞれの役割を明確に。大窓により庭とつながっているが、差し込んでくる西日は、深く出した庇や庭の植栽が和らげてくれる。

    開放的なLDKに対して、家族の居室は壁を隔てて東側に配置。書斎、子ども部屋、主寝室などを連続させ、裏動線により玄関から直接移動することが可能。廊下に設けた手洗いやランドリーの位置、収納の位置は、岸さん自身の生活体験をもとに、最適なスタイルを導き出した。家族も、愛用品も、居心地のよい”住まいである。

    オリジナル造作のキッチンは作業のしやすさを優先

    薪ストーブのあるリビング。各所にある窓からの光も心地よい

    素材と高さを変えたリビングとキッチン

    テラスから庭を眺める豊かなひととき

    のびやかな平屋は道路面に対しては閉鎖させた 

Designer

イシマルデザイン 一級建築士事務所
岸 絹子Kinuko Kishi
1980年生まれ。滋賀県立大学環境科学部環境・建築デザイン専攻を卒業後、京都工芸繊維大学に研究生として在籍。設計事務所勤務を経て2008年に独立、岸建築設計事務所イシマルデザインとし活動を開始する。結婚し、石丸絹子から岸絹子に改姓。13年にイシマルデザイン一級建築士事務所を開設。一級建築士、ライフオーガナイザー®。
■ 好きな景色/海 ■ 休日の過ごし方/家族と過ごす ■ 好きな飲み物/コーヒー(ハンドドリップ派) ■ 趣味/庭仕事、手づくり

イシマルデザイン 一級建築士事務所のおすすめ記事

家族、愛用品、暮らしをふんわりと包み込んだ平屋

29 Oct 2021 #Room Tour
イシマルデザイン 一級建築士事務所