ROOM TOUR

右側1階部分はオフィス、2階部分は居住空間。左側の棟は1・2階ともにプライベートゾーン。職と住をレイアウトにより住み分けしています

自然光が効果的に取り入れられた玄関ホール。シンプルかる上質な素材感によりコーディネートされています

玄関ホールにも洗面台を設けています。家族の帰宅時、来客の訪問時などここで手洗いをすることができます

2階へと誘うストリップ階段。細いく仕上げたアイアンの手すりがスタイリッシュな雰囲気を生み出しています

2階でまず出迎えてくれるのは、勾配天井のLDK。造作キッチンや収納、立ち上がりの壁が調和した整った空間

立ち上がりの壁の両側にはプライベートゾーンとスムーズに行き来できる入り口。くるりと回遊することができます

高窓や天窓から効果的に取り込まれた自然光。窓が額縁のように、空を切り取って見せてくれるのも施主夫妻のお気に入り

上質感に満たされた1階の和室。ご主人の友人が訪れたときなど、2階で過ごすお子さんに気兼ねなくくつろげます

天窓から取り込まれた自然光がやさしく拡散される洗面室。各窓を開けば、ここに風が通り抜け、湿気防止の効果も

アパレルショップのように、たくさんの衣類やファッション小物をすっきり納めたクローゼット。服のチョイスや出し入れもしやすいそう

暗くなりがちな通路天井には天窓を連続させています。そのほのかな光は、日常の快適につながっています

2箇所あるベランダはしっかり軒を出しています。この軒は夏の日射を遮り、冬は日射を取り込んで、邸内の穏やかな環境づくりも担っています

  • 仕事とプライベートに程よい距離感

    きっかけは岸さんの自邸を見学したこと。「理屈ではなく、価値観を共有できる人だと直感しました」とH夫妻。ボリュームのある敷地にオフィスを併設した住まいを望んでいた施主に対して、岸さんはが導き出したのはL字型の建物。職場には日常的に人の出入りも多いことから、オフィスと住まいは別々の入り口を設けて、居住スペース1階は和室と収納のみとして、主な生活は2階を主体に。仕事とプライベートに程よい距離感を持たせました。

  • 日常が心地よく、ストレスフリー

    玄関ホールの奥には、来客のもてなしなどユーテリティーに使用できる和室と収納。階段を上がると天井高を十分に取ったLDKが広がり、大窓や高窓の開放感が圧倒します。「大窓からは十分な採光が得られることに加えて、高窓から眺める空もゆとりを感じさせてくれます」と奥様。造作のアイランドキッチンからはリビング全体を見渡すことができ、キッチンの裏側に配置したプライベート空間にスムーズに出入りできる2つの入り口を設けました。これにより回遊ができ、日常の動きはとてもスムーズ。

Designer

イシマルデザイン 一級建築士事務所
岸 絹子
Kinuko Kishi
1980年生まれ。滋賀県立大学環境科学部環境・建築デザイン専攻を卒業後、京都工芸繊維大学に研究生として在籍。設計事務所勤務を経て2008年に独立、岸建築設計事務所イシマルデザインとし活動を開始する。結婚し、石丸絹子から岸絹子に改姓。13年にイシマルデザイン一級建築士事務所を開設。一級建築士、ライフオーガナイザー®。
■ 好きな景色/海 ■ 休日の過ごし方/家族と過ごす ■ 好きな飲み物/コーヒー(ハンドドリップ派) ■ 趣味/庭仕事、手づくり

Designer

会社名
イシマルデザイン 一級建築士事務所
対応
住宅設計、建物設計、店舗設計、内装デザイン、エクステリア
アクセス
松山市福角町557-1
電話番号
089-916-6885
営業時間
9:00~18:00
定休日
不定休

イシマルデザイン 一級建築士事務所のおすすめ記事

自然体の心地よさが満たす リネンのような肌触りの家

18 Mar 2022 #Room Tour
イシマルデザイン 一級建築士事務所

ありのままより、ちょっと豊かな日々を

26 Apr 2022 #designer's voice
イシマルデザイン 一級建築士事務所

家族、愛用品、暮らしをふんわりと包み込んだ平屋

29 Oct 2021 #Room Tour
イシマルデザイン 一級建築士事務所