愛媛の建築デザイナーに相談してみる 愛媛の建築デザイナーに相談してみる トップへ
ROOM TOUR

生活道路に面した北面はファサード。大きさの異なる3つの箱を、真ん中のバルコニーで立体的につないでいるのがわかります

玄関まわりはコンクリートや石などの無機質な素材とレッドシダーでコーディネート。外壁はジョリパットの塗り壁

LDKと程よい距離感を保ったセカンドリビング。降り床は、ホテルで使われるウールのカーペットで座り心地よく。ヘリンボーンの床がリビングのアンティーク感を演出して、古材を使った雰囲気のある本棚が映える空間です

タイルの床や外壁材を用いた壁もあいまって、より屋外らしさを感じさせるLDK。柱は木にすると強度的に太くしなければならないため、より耐力性に優れた鉄骨を採用。スレンダーなデザインを実現しました

庭に面した南と北側は木製サッシの一面ガラス張り。邸内でありながら、自然を感じる外のような空間は、まさに施主が望んだものでした。手持ちの「Yチェア」に合わせ、家具を職人にフルオーダー

レッドシダーの天井を軒まで伸ばして連続性をもたせ、屋外感を創出。邸内にも梁に植物を吊るすなど、空間づくりを楽しんでいます

キッチンにはバックカウンターがないため、家事室も兼ねるパントリーにその機能を集約させました。愛用の家具を置く場所も考えて広めに計画。来客時は戸を引いてすっきりと

子ども棟の階段の上部にとった2,400mmのフィックス窓から、朝の光が豊かに降り注ぎます。階段の手すりはアイアンで軽やかに

親棟の2階は寝室と書斎だけのプライバシーが守られた空間のため、石上さんはより広く見えるよう、寝室の壁を半分下げて窓をとることを提案しました

主庭を借景とした出窓。暮らすなかで、それぞれが落ち着く居場所を見つけていく…そんな空間づくりを石上さんは大切にしています

趣味でアコーディオンを弾く施主のための書斎兼音楽室は、手持ちの家具のデザインや色味を合わせ、レコード棚を造作。ドアや開口部を防音仕様とし、機能性も考慮しています

壁や床のタイル、洗面台も白で統一した清潔感のある洗面室。可能な限り大きな開口をとり、明るい空間としました

「石上さんの建物にはシンプルさのなかに構造の面白さがあり、そこに惹かれた」と施主。ファサードはあえて控えめにしておき、コンクリート壁から中庭の植栽がのぞき、その成長ぶりが楽しみです

  • 自然の林とともに暮らしたいという希望を叶えたお家

    「いわゆる“庭”ではなく、自然の林とともに暮らしたい」という希望に基づいたO邸。建設予定地は住宅街のためイメージとはかけ離れていましたが、石上さんは“森”を想定し、合間に建物をレイアウトするという考え方で計画しました。家の南面、豊かに枝葉を伸ばした木々の隙間からのぞくリビングには壁をつくらず、ガラス張りで外部感を。ただすべてを開くのではなく、壁で仕切った降り床のセカンドリビングやパントリー、収納室など暮らしのシーンをイメージしたメリハリのある構成を意識。寝室と書斎のある親棟、子ども室の棟も程よい距離感で配置しました。
    朝は玄関ホールに注ぐ太陽の光が学校や仕事へ出かけるシーンを演出し、夕刻はすりガラス越しの西日により茜さす…1日の時間の流れを感じられる空間が、暮らしをより豊かなものにしてくれます。

建築デザイナー

イシウエヨシヒロ建築設計事務所 石上芳弘
イシウエヨシヒロ建築設計事務所
石上芳弘
Yoshihiro Ishiue
1974年松山市生まれ。一級建築士。建築士会正会員。建築家協会正会員。近畿大学理工学部建築学科卒業。同大学院工学研究科建築学専攻修了。設計事務所勤務を経て独立。2021年里山空間デザインコンペ最優秀賞、22年キッチン空間アイデアデザインコンテスト最優秀賞を受賞。15年より近畿大学建築学部非常勤講師。
■ 趣味/写真、山登り、海外旅行 ■ 好きな本/宮本輝の小説全般 ■ 好きな建築/インドの階段井戸

工務店情報

会社名
イシウエヨシヒロ建築設計事務所
対応
住宅、店舗、ビルディング、リフォームの設計
アクセス
office/大阪府岸和田市阿間河滝町1572 satellite/松山市畑寺4-16-23
電話番号
072-427-6976
営業時間
定休日

イシウエヨシヒロ建築設計事務所のおすすめ記事