愛媛の建築デザイナーに相談してみる 愛媛の建築デザイナーに相談してみる トップへ
ROOM TOUR
  • 日常を非日常に変える、ラグジュアリーな邸宅を

    大手ハウスメーカーと地域密着型の工務店。対照的な2つの企業で悩んだという施主ですが、最終的に選んだのは後者。それが藤工務店でした。打ち合わせから設計、施工までを少数精鋭のチームで行う藤工務店のフットワークや対応力が決め手となったそう。
    施主が希望したのは、家にいながら非日常を味わえるラグジュアリーな住まい。吹き抜けの開放的なリビングを、家族こだわりの家具や上質な意匠で彩って…。友人を招いたホームパーティなども開催できるような、ゆとりある住空間が理想でした。

     

     

    具体的な要望は、開放感のある玄関や愛車を魅せるガレージ、独立させた和室、妻が趣味を楽しむ部屋、家族でゆったりとくつろげる2階のセカンドリビングなど。丁寧にヒアリングを重ねてこれらの要望をすくい上げるとともに、ショールームやインテリアショップもまわりながら、細部までつくり込んでいきました。

     

  • 3つの庭と遠景を取り込み、快適性と美しさを兼ね備えたデザイン

    日常を非日常に変えるラグジュアリーな邸宅。そんな施主の要望に対する近藤さんのアンサーは、広い敷地を目いっぱい使うのではなく、余白を活かした空間構成。必要な要素は盛り込みつつ、吹き抜けや庭などで空間の広がりやのびやかさを演出しました。
    吹き抜けに玄関とリビング、階段の3つをレイアウト。そして庭もリビングに面した南側の主庭と玄関ホールの正面に見える中庭、遠くの山々とつながる裏庭の3つを配置。それぞれに趣向の異なる植栽を施し、美しい借景として邸内に採り込みました。

     

     

    家族や友人と、くつろぎの時間を過ごすメインリビングは、ウォールナットとグレーでシックに構成。ダイニングテーブルやテレビボードなどの家具・建具もオーダーメイドで住まいの雰囲気を統一しました。吹き抜けから1階の気配を感じつつ、落ち着いて過ごせる2階のセカンドリビングからの眺めも格別です。
    オープンなパブリックスペースに対し、水まわりなどの生活機能は閉じたレイアウトに。ランドリールームからウォークスルークローゼット、脱衣室、洗面室を回遊動線でコンパクトにまとめ、快適性と美しさを兼ねた住まいを叶えました。

     

建築デザイナー

株式会社 藤工務店 近藤真也
株式会社 藤工務店
近藤真也
Shinya Kondo
1976年今治市生まれ。建設専門学校卒業後、松山市内の工務店に勤務。現場監督、営業を経験したのち、30歳で藤工務店入社。現在は営業としてクライアントの家づくりに寄り添う存在。クライアントの元へ、現場へと、地元今治を中心に日々駆けまわっている。
■ 趣味/カフェめぐり、アウトドアにも挑戦予定 ■ 休日の過ごし方/愛犬と過ごす

工務店情報

会社名
株式会社 藤工務店
対応
建築業・不動産業
アクセス
今治市石井町1-1-9
電話番号
0898-33-1222
営業時間
8:30~17:30
定休日
日曜、隔週水曜

株式会社 藤工務店のおすすめ記事