愛媛の建築デザイナーに相談してみる 愛媛の建築デザイナーに相談してみる トップへ
ROOM TOUR
  • いろいろなメリットがある小さな家。でも開放的な空間にも憧れが…。

    「広い家がいいなぁ」と考える人、多いですよね。広い家は開放的で気持ち良さ満点ですが、デメリットもあります。その一つが掃除の負担が大きくなること。小さな家に比べれば、時間も手間もかかってしまいます。必要なモノしか持たないミニマルライフを実践しているU夫妻は「居室も収納も必要最小限でいい」と考えていました。

     

     

    小さな家にしたい理由はもう一つあります。それは断熱性や気密性などの住宅性能は、広い空間よりも小さな空間の方が高い効果を偉雨ことができること。高性能住宅を志向していたU夫妻は、パッシブハウス・ビルダーとして知られるアーキテクト工房Pureにアクセス。こうした想いいを建築家の髙岡さんに相談しました。

     

     

    そして家は小さくてもいいけれど、やっぱり開放感や気持ち良さも味わいながら暮らしたい…というのも本音。小さなお子さんもいますから、開放的に健やかな環境づくりのために自然素材を使った家にすること、そして自然のなかでものびのびと子育てしたいという願いなども伝えました。

  • 周囲の景観から得られる開放感を満喫! 景観に馴染む自然素材をふんだんに

    開放感を叶えるために、髙岡さんが考えたのは「敷地の特性を活かすこと」。U夫妻が選んだ土地は、郊外の分譲地の奥まった区画。敷地は変形でしたが、南側には田畑が広がり、遠くには山並みを遠望しています。田畑の周囲には畦道しかないため、ここに住宅が建つことはほぼありません。「田園風景を邸内に取り込む間取りに」と考え、緑あふれる南側に大窓のあるLDKを配置。キッチンやダイニング、リビングから視線を伸ばせば遠くの山並みまで一望することができ、部屋の広さ以上の開放感を味わうことができます。

     

     

    穏やかな風景に馴染ませるように、邸内外には自然素材を用いました。外壁は天然の木材保護材「エコ・ウッド・トリートメント」を施した杉材と塗り壁の2色づかいに。塗り壁には寒水石(石灰石)を混ぜ込んでいますが、この石はきらめきがあり、上質感も生み出しています。邸内は壁に和紙クロス、木部はパインやナラ材を使用。これらの自然素材は経年が味わいになり、メンテナンスがしやすいというメリットもあります。

     

     

    ミニマルライフを愛するU夫妻らしい住まいは、コンパクトな空間に暮らしやすさと開放感がデザインされていました。

     

     

     

建築デザイナー

有限会社 アーキテクト工房Pure 髙岡文紀
有限会社 アーキテクト工房Pure
髙岡文紀
Fuminori Takaoka
1961年内子町生まれ。2003年(有)アーキテクト工房Pure設立。真の高性能住宅を手がけるビルダーを率いる。一般社団法人パッシブハウス・ジャパン理事、四国地区エリアリーダーを兼任。
■ 好きな音楽/フォークソング ■ 趣味/キャンプ、洗車 ■ 特技/ギター弾き語り(吉田拓郎さんの楽曲) ■ 休日の過ごし方/マイカーで県内外のキャンプ場へ ■ 好きな海外/ドイツ。家づくりや暮らし方のヒントを得ている

工務店情報

会社名
有限会社 アーキテクト工房Pure
対応
一般注文住宅、リフォーム
アクセス
松山市平井町甲3-1
電話番号
089-976-3600
営業時間
10:00~17:00
定休日
水曜・第1第3日曜・祝日他

有限会社 アーキテクト工房Pureのおすすめ記事

コンパクトが心地よい2LDK! 無駄をなくしたミニマルライフの家02【愛媛県/松山市】

18 Aug 2022 #Room Tour
有限会社 アーキテクト工房Pure

コンパクトが心地よい2LDK! 無駄をなくしたミニマルライフの家01【愛媛県/松山市】

6 Jul 2022 #Room Tour
有限会社 アーキテクト工房Pure

快適を数値で証明するパッシブハウス・オフィス

15 Mar 2022 #Room Tour
有限会社 アーキテクト工房Pure