リケジョが設計した
「座る」を楽しむ愛媛の家

株式会社コラボハウス
赤松 朋

  • 暮らしを楽しむ「座る」をあちらこちらに

    「家の中のいろんな場所に腰をおろし、景色を眺めたり、くつろいだり、読書できたら…」。そんな施主の言葉をヒントに、赤松さんは本来の機能にプラスして、座ることのできる場所を邸内のあちらこちらに計画しました。いずれもその場所にふさわしいデザインを施すことで、暮らしに溶け込ませています。

    敷地を探す際、のどかな田園に囲まれたこの土地に惹かれた施主。そのロケーションを日々楽しめる家に…と考えた赤松さん。西に広がる田園風景に向かってリビングには出窓、ダイニングには大窓をつくり、階段ホールのピクチャーウィンドウからは玄関横の植栽を眺められ、日々癒しの景色とともに暮らせるようにデザインしました。

  • 腕を広げて家族を迎え入れる3つのハコ

    旗竿※のような間口が狭い敷地形状を意識し、建物を南側に玄関棟、2階ホール棟、リビング棟の3つのハコを配置。リビング棟には、少しだけ角度をつけています。アプローチを抜けて建物の正面に立ったとき、建物が腕を広げて家族や来客を迎え入れるようなやさしい佇まいです。

    白とウッドを基調にしたナチュラルなテイストに、施主が好むグレージュカラーをアクセントとして取り入れたのは赤松さんのアイデア。邸内には、開放的なメイン動線と、家族のためのサブ動線があります。2つを結んだ回遊動線により、プライバシーを守りながらも、日常の動きにストレスを感じないように配慮しました。

    ※旗竿…旗竿地。道路に接する部分が細長い通路のような敷地になっており、その奥に建物の敷地が広がっている土地のこと。竿についた旗のような形状になっている。

    玄関を出入りする様子が、道路側からは見えにくい角度にドアを取り付けてプライバシーに配慮。深く出した軒の裏には杉材を施し、やさしい表情をプラス。2階ホール棟の前には木製のベンチを造り付け。

    「少しだけハードなテイストもほしい」という旦那さんの要望を取り入れて、シューズクロークはインダストリアルなデザインに。家全体のイメージを重視しながらも、来客の目にふれない場所で旦那さんのリクエストを叶えました。

    ディスプレイを楽しめるように、玄関ホールはあえてシンプルなデザイン。正面の壁により目線を程よく遮りつつ、角を曲線に切り取ることで、やわらかな雰囲気を生み出しています。

    リビングは段差がりとし、ダイニングキッチンとはゆるやかに分けました。天井は勾配をつけており、梁は濃い目の色としました。これにより大空間を引き締める効果もあります。

    二方向にベンチを造作したリビング。出窓や収納も「座る」ことを意識しています。ヘッドレストのついた右側のベンチは、外の景色をゆったりと眺められる特等席。背後の障子を開けば、玄関横の植栽も眺められます。

    キッチンからはリビング全体や外の癒しの景色を眺めることが可能。キッチンは施主が塗りを担当したポーターズペイント※。「ご家族にも家づくりを楽しんでほしい」と邸内3か所の塗装を委ねました。
    ※ポーターズペイント…多種多様な質感や色を楽しめるインテリアペイント。自然の鉱物を原料とし、塗り替えも容易なことから、セルフペイントも可能。

    キッチンから水まわりに至るサブ動線の途中には、マグネット式のボードを設置。家族の予定など、ついつい冷蔵庫に貼ってしまいがちな紙モノをスマートにチェック。

    折れ曲りの階段の下部をベンチにし、絵本を読んだりすることも。大窓からの光や目の前の植栽を愛でながら、親子で過ごす時間をとことん楽しむことができます。

    2階ホールには、オープンスタイルの書棚とスタディコーナー。旦那さんのリモートワークもカッコよくこなせるように、壁の書棚は見せる収納としています。

    深みのあるグリーンでコーディネートしたラヴァトリー。こちらも旦那さんの好みに配慮したテイスト。家族それぞれの好みをバランスよく取り入れてデザインしています。

    キッチンから伸びるサブ動線上に水まわりやランドリーを配置。寝室からも階段ホールを経由することなく、この水まわりへと行き着きます。開放的な家だからこその配慮です。

    ウッドデッキはロケーションに向けて広々とつくりました。お家でアウトドアを楽しむのにも十分なボリューム。また手すりにも腰掛けることができ、ホームパーティの舞台になることもあります。

Designer

株式会社コラボハウス
赤松 朋Tomo Akamatsu
愛媛県松山市出身。愛媛県立松山東高等学校を経て九州工業大学工学部へと進学。卒業後はコラボハウス一級建築士事務所で、住宅の設計に携わっている。一級建築士。
■ 好きな音楽/クラシック ■ 趣味/写真撮影(旅先で出会った建物を撮る) ■ 特技/サックス演奏 ■ 休日の過ごし方/カフェ巡り。チーズケーキが好きで食べ歩きをする ■ 好きな建物/星野リゾート各施設

株式会社コラボハウスのおすすめ記事

移ろう季節のそばで暮らす 土間と薪ストーブのある平屋

6 Jan 2022 #Room Tour
株式会社コラボハウス

好きなことを、
自然に取り込む空間を

15 Oct 2021 #designer's voice
株式会社コラボハウス

リケジョが設計した
「座る」を楽しむ愛媛の家

27 Sep 2021 #Room Tour
株式会社コラボハウス