リケジョが設計した
「座る」を楽しむ愛媛の家

株式会社コラボハウス
赤松 朋

  • 大好きなカフェにように
    景色とともに暮らしたい

    とある郊外のカフェは、窓から望む景色が癒しのひとときを演出しています。「あんな風に季節や時間とともに変化する景色を暮らしの一部にできたら…」。そんな想いを受け止めた赤松さんは、南に広がる田園風景に向かって、LDKに出窓や大窓を配置。また階段からも大窓により、玄関横の植栽を眺めることができます。そして各場所につくられた「座る」ための工夫。これにより、思い描いた暮らしを叶えることができました。

    リビングは一段下がり、二方向にベンチを造作。出窓や収納も座って過ごすことができます。もちろん床の段差がベンチになることも。

  • 両腕を広げて迎えるように
    斜めに配置したリビング棟

    旗竿地(竿についた旗のような形をした敷地)の東側に建物を配置。正面にはガラス越しの階段ホール、その両脇に玄関棟、リビング棟をレイアウトしました。リビング棟を斜めにして、両腕を広げながら家族やお客さまを迎えるようなイメージを意識しています。

    階段ホールには縦長の大窓を上下に配置。手前のベンチや植栽がプライバシーをゆるやかにガードします。

    玄関の出入りが道路側からは見えにくい角度にドアを取り付け。深く出した軒天には杉材がやさしい表情をプラス。

  • ナチュラルテイストに程よい
    インダストリアルデザインを+

    邸内全体のテイストはナチュラル感をベースに。「ちょっとだけ男前テイストも」という旦那さまの要望を取り入れて、
    シューズクロークはインダストリアルデザインに。赤松さんの提案により、家全体のイメージを重視しながらも、
    家族それぞれの好みを調和させました。

    玄関ホールにも窓からの自然光が心地よく広がっています。

    大容量のシューズクローク。打ち放し調のクロスにより、男前テイストな空間に。

    ディスプレイを楽しめるシンプルな玄関ホール。
    壁をRに切り取ることで、やさしい雰囲気を生み出しています。

  • 窓からの景色が
    最高のインテリアに

    Aさまファミリーが一番こだわったのはLDK。この空間にはいろんな「座る」場所が用意されています。ウッドと白を基本に、差し色のグレージュカラーがアクセントになっています。そして何より田園に向けて開いた大窓の景観は最大のお気に入り。

    リビングの天井は勾配をつけ、梁の濃い色が空間を引き締める効果も。右側の障子を開ければ、来客をチェックすることもできます。

    ダイニングと床のレベルを変えたリビング。このスキップに加えて、造作した収納の棚やベンチ、出窓の床板など座る場所がいっぱい。

    キッチンからはリビング全体を見渡すことができ、調理をしながらも外の癒しの景色を眺めることが可能。キッチンはAさま自身が塗りを担当したポーターズペイント。「ご家族にも家づくりのいい思い出を育んでほしい」と赤松さん。邸内3か所の塗装を家族で行いました。

    リビングから水まわりに至る裏動線には、マグネット式のボードを設置。お子さんの予定などをチェックできます。

  • 毎日のことだから
    家事も子育ても楽しんで

    子育て世代のAご夫妻は、ともにお仕事を持たれています。「忙しくても毎日を楽しんでほしい。家事ストレスをなくすために、家を遊び場所として暮らしてほしいとの願いを込めました」と赤松さん。一番大切にしている暮らしやすい動線や収納、これらを踏まえた上で楽しみに満ちた空間へとデザインしました。

    背面収納は手持ちの食器やライフスタイルに合わせて造作。引き手にはちょっとシックな色をセレクト。

    折れ曲りの階段の下部をベンチにし、絵本を読んだりすることも。子育ても楽しくなります。

    2階ホールには書棚とスタディコーナー。旦那さまのリモートワークも、ここならカッコよくこなせます。

    キッチンから伸びる裏動線上に水まわりを配置。寝室からも階段ホールを経由することなく、水まわりへと行き着きます。

    深みのあるグリーンでコーディネートしたトイレ。
    こちらも旦那さま好みの男前テイストに。

    ウッドデッキはロケーションに向けて広々と。手すりにも腰掛けることができ、ホームパーティの舞台にもなるそうです。

Designer

株式会社コラボハウス
赤松 朋Tomo Akamatsu
愛媛県松山市出身。愛媛県立松山東高等学校を経て九州工業大学工学部へと進学。卒業後はコラボハウス一級建築士事務所で、住宅の設計に携わっている。一級建築士。
■ 好きな音楽/クラシック ■ 趣味/写真撮影(旅先で出会った建物を撮る) ■ 特技/サックス演奏 ■ 休日の過ごし方/カフェ巡り。チーズケーキが好きで食べ歩きをする ■ 好きな建物/星野リゾート各施設

株式会社コラボハウスのおすすめ記事

NEW

好きなことを、
自然に取り込む空間を

15 Oct 2021 #designer's voice
株式会社コラボハウス

リケジョが設計した
「座る」を楽しむ愛媛の家

27 Sep 2021 #column
株式会社コラボハウス