愛媛の建築デザイナーに相談してみる 愛媛の建築デザイナーに相談してみる トップへ
ROOM TOUR

ダイニングからリビングへの眺め。リビングは見せ梁とし、天井高を上げることで空間に動きをつけました

銀黒のガルバリウムが男前なファサード。ガルバリウムは建物自体を軽くし、地震への耐久性を向上させるメリットもあります

玄関土間から直接ウッドデッキに通じる動線。幅をもたせた土間には、靴やアウトドアに使うものが片付く収納を造作しました

キッチンの背面はカップボードのみですっきりと。収納力は、右手の扉向こうのパントリーに集約させました。三角地のデッドスペースを活かしたアイデアです

床はアカシアの無垢材、壁や天井、キッチンカウンターなどの造作建具にはシナベニヤを採用。シンプルながら自然素材の表情が際立つ住まいです

リビングの床に採用したアカシアは、木目が粗めなので傷が目立ちにくいという利点が。ただ、傷も味として許されるのが無垢の良さでもあります

ウッドデッキはリビングの床と高さを合わせて、アウトリビングのような位置付けの空間に。ルーバーの目隠しにより、リビングはカーテン要らずで過ごせます

ウッドデッキはおうちアウトドアを満喫する空間。奥の引き戸は玄関土間に通じており、荷物の出し入れも便利です

玄関とLDKの床は境目がなく、空間としてのつながりを感じるように計画。廊下などの無駄を削ぎ落とし、生活スペースにゆとりをもたせました

「本にはできるだけ触れてほしい」との思いから、子ども室への通り道に本棚を造作。吹き抜けに面したハイサイドライトから光が注ぎます

屋根の勾配を活かした書斎。ご主人のレコードコレクションを家族で共有するスペースです

  • 灯台のように、この街を照らすライトハウス

    南面道路の敷地のため、LDKを建物の中央に突き抜けるようにレイアウト。まわりに洗面室などの緩衝区域を置くことでプライバシーを確保しました。まだお子さんが小さいので動線はシンプルにした上で全体が見渡せるように、また室内で存分に活動できるスペースとしてリビングの延長にウッドデッキを配置。室内の人の触れる部分には無垢素材を使用し、それらのランダムな表情をデザインとして、温かみのある空間へと昇華させています。2階のプライベートフロアには音楽と読書という夫妻の趣味空間を計画。通路に沿って本棚を造作し、レコードコレクションを収めた書斎も開放。子どもたちが自然と音楽と本に触れられる環境としました。
    大きな交差点沿いという立地から、ランドマークの意味を込めて設置したハイサイドライトが、まるで灯台のように街を照らしています。

建築デザイナー

株式会社 三洋建設 三好将太郎
株式会社 三洋建設
三好将太郎
Shoutarou Miyoshi
松前町出身。近畿大学九州工学部建築学科卒業後、株式会社三洋建設へ入社。「つくり手も住み手も、楽しむ家づくり」をモットーに、お客さまとのコミュニケーションを何よりも大切にするため、打ち合わせに時間をかけるのが彼のスタイル。二級建築士、一級建築施工管理技士、二級土木施工管理技士、三級ファイナンシャルプランニング技能士
■ 特技/楽曲制作、燻製作製 ■ 好きな本/蜜蜂と遠雷 ■ 好きな音楽/ジョン・コルトレーン ■ 好きな建築/サヴォア邸

工務店情報

会社名
株式会社 三洋建設
対応
新築住宅・リフォーム・集合住宅・店舗・事務所の設計施工、公共工事
アクセス
伊予郡松前町大字筒井290-4
電話番号
089-984-0123
営業時間
9:00〜17:00
定休日
日曜、祝日

株式会社 三洋建設のおすすめ記事

灯台のように、この街を照らすライトハウス1

20 Jan 2023 #Room Tour
株式会社 三洋建設