ROOM TOUR

前面道路に対しては開口部を排除したクローズな建物。直線的なフォルムとブラックでまとめたトーンが、スタイリッシュでソリッドな印象を与えます

玄関ホール、正面に立つと右側は焼杉、正面と左側はガルバリウム鋼板。同じブラックカラーですが、異なる素材を組み合わせることで表情に変化をもたせました

玄関ホールはすりガラス越しの自然光や間接照明で程よい明るさを確保。この家のテーマである壁のホワイト、建具のブラック、床のブラウンに、玄関のグレー床が調和

リビング部の床は模様が浮き出た積層フローリング。キッチンはホワイトの大振りのタイル。キッチンやウォークイン式の背面収納がホテルライク。秀逸な色の組み合わせ

南面の庭に向けて、上下二段の大窓が圧巻。窓はこの南面に集中させて、ここから取り込まれる光が、邸内全体に拡散されています

大窓側から眺めたLDKと2階。2階のトップライトからも程よい光が取り込む工夫も。踏み板にウッドを使ったストリップ階段も美しくデザインされています

キッチンとダイニングテーブルは斜めに配置し、実際の面積以上の広がりが感じられます。壁にかけられた絵画は、鶴田さんの自作。新築を機に描きはじめ、アーティストとしても活躍中

壁面にはエコカラットプラスのストーングレース。チャコールカラーの表面に砂岩の流れ模様が浮き出たスタイリッシュな素材、調湿機能も併せ持つ優れもの

キッチンから続く裏動線で水周りへ。ゆったりとした通路沿いに、ランドリーや洗面が連続。シンプルな家事動線が効率良く描かれています

2階は仕切りなしのスペースを寝室とする大胆なつくり。トップライトや大窓から差し込む自然光により、気持ちよく目覚めることができるそう

ラヴァトリーの壁にもエコカラットを採用。床材は玄関やリビングと同じ積層フローリングで一体感を持たせています。天井の一部を透かして、光を取り込む工夫も

焼杉の外壁で覆われた西側。プライバシーを真持ち、西日の遮蔽も担っています

  • 色、素材、デザイン。細部にまで世界観を投影

    Attractive Houseは、アマミホームのブランドのひとつ「Archi est」のモデルハウスであり、鶴田さんの自邸。ブラックカラーのファサードは焼杉、ガルバリウム、コロニアルと3つの素材感のニュアンス、縦や横への貼り分けにより、単調になりがちな一色づかいを抑揚のあるテイストに高めています。

     

    Attractive Houseの世界観をもっとも感じさせるのはLDK。使われているカラーはブラックとホワイト、ブラウン、グレイの4色。無彩色をベースにして、洗練された上質な空間をつくりあげています。また、リビングとダイニングキッチンは、床色の変化によりゾーニングがなされており、それぞれの場所にふさわしい居心地が生まれています。

     

    リビング部分は吹き抜けによる上への開放感、大窓から外への開放感と二方向への広がりを意識。壁面には調湿作用のあるエコカラットを施して、インテリアと同時に機能性も満たしています。天井のラーチ材は、2枚割りした板を継ぎ目がわからないようにジョイント。シャープなイメージとともに、深い色合いで空間を引き締めるなど、ディテールの意匠にまで、鶴田さんのこだわりを投影しています。

     

    「自邸ということもあり、自分のやりたいことをほぼ具現化することができました」と鶴田さん。自身が整理された空間を好むこともあり、目に見える空間の生活感を排除できるよう収納の位置、容量などもとことん突き詰めています。またユニークなのは主寝室のスタイル。2階フロアのオープンスペースを寝室としており、リゾートホテルのメゾネットルームを思わせます。朝、自然光とともに目覚める心地よさも気に入っています。

  • 「家」は住み手を表現する唯一無二の場

    Attractive Houseはその場に立ったときの目線により、場の見え方が変わってきます。それを強く感じさせるのは、空間に対して角度をつけて配置したキッチン。リビングから眺めたとき、斜めに伸びるラインが空間の広がりを感じさせます。また煩雑になりがちなキッチンには、ウォークイン形式の扉付き収納を採用。自身が理想とする整理された空間づくりに一役買っています。

     

    キッチンからは裏動線で水周りへと連続。LDKとは一転し、こちらはホワイトでコーディネートしています。ランドリー、洗面、バスルームは連続した空間となっており家事動線もスムーズ。洗面スペースにはハイサイドからやわらかく光を取り入れています。「自然光はその空間に見合わせながら、穏やかに取り入れた方が効果的」。採光計画ではいたずらに明るくするのではなく、その場に合わせたものにするのも鶴田さんのメソッドです。

     

    住み手のライフスタイルや好み、計画にあたってはそうしたものにしっかりと耳を傾ける鶴田さん。「ただ、それを踏まえた上で、自分が設計・デザインをする意味を探っていきます」と話します。というのも、クライアントは鶴田さんデザインに惹かれて依頼していても、好みや人生に求めるものは同一ではありません。クライアントの要望を吸収し、咀嚼した上で、新たな価値観として提案する。そのプロセスに誠実に向かい合っています。

Designer

株式会社アマミホーム
鶴田新
Tsuruta Shin
1978年松山市生まれ。近畿大学工学部建築学科に進学し、小川晋一氏に師事。卒業後、イギリス・ストラスクライド大学大学院で学ぶ。修了後、浅井謙建築研究所などを経て、2007年帰松、建築にまつわる多様な会社で経験を積む。2014年アラタアーキテクトスタジオ一級建築士事務所を開設。またアマミホーム 一級建築士事務所のArchi estのデザイナーとしても活躍中。
■ 趣味/車とバイク、ギター ■ 特技/絵画(抽象画)制作 ■ 好きな建築家/小川晋一 ■ 好きな場所/松山城

Designer

会社名
株式会社アマミホーム
対応
注文住宅、店舗・施設
アクセス
松山市東長戸4-7-41
電話番号
089-992-9201
営業時間
9:00~18:00
定休日
GW・お盆・年末年始

株式会社アマミホームのおすすめ記事

「建てる」のその先にある「暮らす」に寄り添う

7 Feb 2022 #designer's voice
株式会社アマミホーム

多様な経験から導き出したシンプルな美

7 Feb 2022 #designer's voice
株式会社アマミホーム

モダン&スタイリッシュ. Attractive House

28 Jan 2022 #Room Tour
株式会社アマミホーム