愛媛の建築デザイナーに相談してみる 愛媛の建築デザイナーに相談してみる トップへ
ROOM TOUR

北側には遠く山並みを望み、南側には田園が広がる好立地に佇む平屋。外壁には焼杉を施し、周辺の景観になじませています。さり気ない日常で感じる季節感が、施主ファミリーの暮らしを豊かなものにしています

敷地南側には庭とウッドデッキがあり、大開口に沿ってレベルを落とした長い通り土間を配置。この土間は外と内をゆるやかにつなぐ役割を果たしており、施主ファミリーの趣味や日常生活を彩る豚にもなっています

大開口を全面開放すれば、田園風景を借景にしたのびやかな景観が広がります。深く出した軒により、夏は直射日光を遮蔽。冬は差し込む日差しにより土間が蓄熱し、薪ストーブの暖気とともに足元からぽかぽかと暖か。

大開口にはカーテンではなく、障子を採用しました。障子越しのほのかな光が穏やかな邸内の空気感にフィットしています。また北欧調に和テイストをプラスすることで、落ち着いた飽きのこないデザインに。

多様な使い方をしているワークスペース。ランドリーがそばにあり、億劫になりがちなアイロンがけもストレスなく楽しめています。たまには気分を変えて、ここで食事をするのも楽しそう。

モルタルで造作した洗面台を中心にコーディネートした洗面室は、シンプルでカッコいいデザイン。幅にゆとりがあるので、朝の混雑する時間帯もスムーズに使えます。収納は扉をなくし、ラタンの籠が置ける棚状に

白とグレー、ウッドでスタイリッシュに仕上げたトイレ。グリーンや雑貨を置ける棚、横広の窓など、家族みんなが毎日使う場所だけに、さり気なく居心地の良さへの工夫がなされています

脱衣所を兼ねたランドリールームとバスルーム。バスの外には目隠しの塀と植栽を施しています。プライバシーをしっかりと守りながらも、窓を開けば露天風呂さながらの開放感を満喫できます

土間はリビングから1段床のレベルを下げているので、ベンチのように腰掛けて過ごすことも可能。薪ストーブのある土間は、半アウトドアのような空間。火を眺めることで、子どもたちの火育にもつながっています

キッズルームはちょっとミニマム。シンプルでベーシックなインテリア、造り付けの棚やカウンターは、子どもたちの成長に合わせて、いろいろな使い方ができます

キッチンは使いやすさを重視し、壁面にシンク、リビング側に収納や作業台を設置しています。またキッチンのカウターからリビングのカウターに料理を載せてテーブルへ。配膳もラクに行うことができます

キャンプやアウトドアが好きな施主ファミリー。子どもたちが小さな今は、ゆったりとしたウッドデッキで「お外ごはん」を楽しむことも。家に居ながらにしてレジャー気分を味わうことで、豊かな気分に

  • 豊かな時間を生み出す、リビングの土間

    印象的なのはリビングの一角、南側の窓辺に沿った長い土間。アウトドアが好きな施主ファミリーは、新築にあたり薪ストーブを置きたいと考えていました。ただ、薪ストーブの周囲に灰が飛ぶこともあり、掃除やメンテナンスがしやすいように土間を計画。ここで趣味のDIYを楽しんだり、観葉植物を置いたり。薪ストーブ前のチェアに腰掛けて、ゆっくりと過ごす時間も豊かなものとなりました。

    キッチンや水まわりに隣接したワークスペースは、さまざまな活用がなされています。チェストの引き出しにしのばせたアイロン台で、面倒なアイロンがけもスムーズ。そのまま衣類を掛けられるハンガーバーも重宝しています。チェストの対面にはカウターテーブル。普段は子どもたちが遊んだり、夫婦が事務処理などを行ったり。たくさんの客を迎えた日には、もう一つのダイニングテーブルとしても活躍しています。

  • 家具や植物が映える、抑えた素材選び

    「上品で飽きが来ず、家具や植物が映える抑えた和モダン」をテーマに素材選びを行ったLDK。のびやかな勾配天井は、幅木※などに使用する細いツガ材を格子のように張り付けて、ほんのりと和のテイストをプラスしています。床は幅広で節の少ないオーク材をセレクト。これに合わせてカウンター、収納の扉などもオーク材でコーディネートしました。色味や素材の質感に統一感を持たせることで、Yチェアやバタフライチェアなどの家具、植物がしっくりと馴染んでいます。

     

    モルタルを打った土間に置いたバタフライチェアは、薪ストーブの炎を眺めながらの読書やコーヒータイムなど、もはや暮らしには欠かせないアイテム。モルタルの下には断熱材を敷き詰めているので、冷気をしっかりとシャットアウト。また冬場は南面の大窓から差し込む直射日光により蓄熱効果もあります。

     

    ※幅木…施工上、どうしてもできてしまう天井と壁の境目(隙間)に取り付ける部材。見た目をきれいにする役割もある。

建築デザイナー

株式会社コラボハウス 近藤 正隆
株式会社コラボハウス
近藤 正隆
Masataka Kondo
西条市生まれ。大阪工業大学建築学科卒業後に就職した大手建設会社では、設計職を希望するも営業職を拝命。在職中に実兄の新築のプランや資金計画をアドバイスしたことが転機となる。2年半の勤務をへて退職し、知人に頼まれて鳶職を経験した後に、2010年にコラボハウス愛媛に入社。二級建築士、暮らし省エネマイスター。
■ 趣味/DIY、アウトドア全般、釣り ■ 特技/薪割り、料理(魚を捌く)、工作 ■ 好きな本/Casa BRUTUS ■ 好きな映画/マーベル映画 ■ 好きな建築家/伊礼智、堀部安嗣 ■ 休日の過ごし方/掃除や庭仕事など家まわりのことをする

工務店情報

会社名
株式会社コラボハウス
対応
住宅・店舗の設計・工事及びメンテナンス リフォーム工事
アクセス
新居浜オープンスタジオ
〒792-0854 愛媛県新居浜市国領1丁目1846-1 1F
電話番号
0897-40-2727
営業時間
10:00~22:00
定休日
12月29日~1月2日

株式会社コラボハウスのおすすめ記事

見たい景色、暮らしのシーンを描いていく コラボハウス 設計士:河本眞里

12 Aug 2022 #designer's voice
株式会社コラボハウス

高低差、凹凸で軽やかに。自然光で暮らす家02【愛媛県/松山市】

1 Sep 2022 #Room Tour
株式会社コラボハウス

高低差、凹凸で軽やかに。自然光で暮らす家01【愛媛県/松山市】

12 Aug 2022 #Room Tour
株式会社コラボハウス