中古住宅たてもの探訪

リノベで心地よく、憧れの田舎暮らし 心豊かな営みの拠点は山あいの古民家(前編)【中古住宅たてもの探訪Vol.12】

#中古住宅たてもの探訪
20 Jan 2022
  • 移住候補先で出会った、故郷の空き家

    古民家付きの中古住宅に一目惚れし、夢の住処を見つけたオーナー。

    「職場や学校から遠かったこともあって、家族は猛反対だったんです。でも実際に住んでみると、ここでの暮らしが家族みんな気に入ったようです」と話されます。

  • 天井を取り払い、重厚な梁をあらわしに

    築年数は130年という古民家の風情を活生かすため、柱や梁など残せるものは大切に。リビングは天井を取り払い吹き抜けとするなど、開放感と落ち着きを共存させた空間に進化させました。

    あたたかさの中に、ほんのりモダンが漂う球磨杉のフローリングなど、随所に建築美が見られます。

  • 古民家の風情を大切にしながら使い勝手も叶えて

    一方、生活スペースであるキッチンや水回りは、古民家の風情を守りつつ使いやすさも重視。

    巧みなリノベーションで快適な住み心地を叶えました。

    古き良き日本の営みとともに、深まっていくご家族の愛着を感じられる住まいです。