中古住宅を愉しむ

理想の暮らしを求めて 辿り着いた大草原の大きな家。(後編)【中古住宅たてもの探訪Vol.05】

#中古住宅を愉しむ
22 Nov 2021
  • 里山の暮らしで気づいたこと、得られたもの

    自然豊かな山あいにたたずむ一軒家をアップデートしながら、暮らしを紡いでいるオーナー。

    ここで暮らしはじめて感じたことをうかがうと、「真っ直ぐ思い通りに、普通に生きていくと、40年前の僕のスタイルは全く変わっていないだけなのに、40歳くらい下の友達ができたりする。それが面白いなと思います」。

  • 家に手を加えることがライフワークに

    築50年を越える建物の味わいを生かしつつ、ライフスタイルに合わせて大胆にリノベーション。たとえばダイニングの壁を思い切って取り払うなど。そうすることで、家族のコミュニケーションも風通しが良くなったといいます。

    暮らしながら、気になったところに手を加えていくうち、いつしかそれがご自身のライフワークになっていることに気づいたそう。

  • 未完成を楽しむ日々

    離れには、リゾートを思わせるバスルームを造りました。豊かな自然を眺めながらのバスタイムは爽快そのものです。

    自然と共に生きるなかで、柔軟に変化を重ね、長年作り上げてきた住まい。

    オーナーの人間性がそのままあらわれたような暮らしに憧れます。

  • 毎週金曜日の深夜0:15 愛媛朝日テレビにて

     

    毎週金曜日深夜0:15 愛媛朝日テレビ 愛媛デザイナーズハウスもぜひご覧ください。