中古住宅を愉しむ

中古住宅ならではのメリット02【中古住宅の豆知識Vol.03】

#中古住宅を愉しむ
2 Nov 2021
  • 実物を確認でき、後悔のない選択ができる

    新築の場合、図面や模型、モデルハウスなどでイメージを掴むことはできても、完成するまで実物がどのようになるのか確認することはできません。ですから、完成してから「イメージと違う…」ということも起こりかねません。

     

    中古住宅なら、実物を確認できるので、実際の暮らしをより具体的に抱くことができ、安心感にもつながります。中古住宅を見学する際は、日当たりや眺望、風通し、臭いなど、家の中の様子だけでなく、朝、昼、夜と時間帯を変えて周囲の環境も確認しておくことをおすすめします。

    中古住宅外観イメージ

  • 住み始めてからの暮らしを具体的にイメージ

    中古住宅の中には、まだ前の住人が暮らしているケースもあります。部屋の中を内見できる場合があるので、実際の暮らし方を確認できるチャンス。家具や家電の配置なども参考になりますし、暮らす人から住み心地について直接聞くこともできるかもしれません。

     

    すでに売却済みで住人がいない場合でも、モデルルームのように家具や家電を配置した状態で見学できる中古住宅もあります。

     

    住み始めてからの生活を具体的に想像できる中古住宅で、後悔のないマイホームを叶えませんか。

    中古住宅リビングイメージ

  • 愛媛県良質住宅ストック形成促進協議会について

    愛媛県良質住宅ストック形成促進協議会は、国土交通省の「良質住宅ストック形成のための市場環境整備促進事業」の採択を受け、国の事業として、地方での既存住宅市場活性化を目指すための仕組み開発と周知をおこなうためにつくられた団体です。

    愛媛県良質住宅ストック形成促進協議会は、建物にインスペクション(建物検査)を実施し、必要に応じてリフォームや修繕を行ったうえで住宅保証(瑕疵保険)を付けた良質な既存住宅を流通につなげ、愛媛県の既存住宅流通市場の活性化を目指します。

    愛媛県良質住宅ストック形成促進協議会のホームページはこちらから

  • 次回も中古住宅のメリットについて

    引続き、次回も中古住宅ならではのメリットについてお話致します。